2019年5月21日火曜日

定時総会時講演会 講演1 2019.05.18

「マスコミ・ネット情報に惑わされる患者にどう対処するか?」
神奈川県内科医学会 メディカルコミニュケーション委員会 委員長 松澤陽子

 メディカルコミニュケーション委員会(MC委)は精神腫瘍学、高齢者医療、生活習慣病の3つを中心に活動している。
 現代日本人が健康や医療について調べる際、70~80%はインターネット検索サイトを、8~10%はインターネット質問サイトを利用しており、2014年の糖尿病患者の代替療法の情報源についての調査でも、テレビや新聞雑誌の比重が大きいことが示されている。
 今回、MC委では2019年3月~4月に会員に対してアンケートを実施し、マスコミやネットによる信用できない医療情報を信じている患者に対して会員がどのように対処しているかを調査した。配布数223、回答47、回収率21.1%であった。対処の仕方については、これが正解というものはなく、さまざま対処法を集約して「智恵袋」を作ろうと考えた。患者の意見に対して、否定的な対処や、逆にそのまま受け入れる(受け流す)肯定的な対処もあった。また、この機会をとらえて「なぜ、そのような情報に惑わされるようになったのか?」という原因を掘り下げることによって、医師・患者間の信頼関係を深めようとする対処法も興味深く思われた。
 玉石混交、悪意や誤解、利益誘導やフェイクニュースを含め、日々過剰な情報があふれる現代社会の中で、信頼に足る医学情報源を知り、患者に紹介できることが臨床内科医に期待されている。情報源の一つとして国立栄養研究所のサイト「健康食品の安全性・有効性情報」(https://hfnet.nibiohn.go.jp/)を紹介したい。その他、各学会や大学病院・専門病院のインターネットサイト、日本臨床内科医会や製薬会社のパンフレットなどもよいと思われる。
 健康情報を入手し理解し評価して活用するための能力を「ヘルスリテラシー」という。まずは医師自身のヘルスリテラシーを高め、さらにヘルスリテラシーをわかりやすく説明する能力も高めることである。ここに患者の想いを聴く姿勢が合わさることにより、医師と患者の信頼関係が深まり、患者のヘルスリテラシーの向上が達成されるものと考えている。

2019年5月12日日曜日

神内ニュース81号 お知らせ

神内ニュース81号
お知らせ(第43回臨床医学研修講座)
 第43回臨床医学研修講座は令和元年9月21日(土)に、小田急ホテルセンチュリー相模大野(Tel042-767-1111)にて、北里大学と第5地区の担当で開催されます。

神内ニュース81号
お知らせ(令和2年新春学術講演会)
 令和2年新春学術講演会は令和2年1月16日(木)に、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(Tel045-411-1111)にて、認知症対策委員会と在宅医療委員会の担当で開催されます。

第9回情報システム事業部会議事録 2019.03.26

9回情報システム事業部会議事録

平成31326()午後730分 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル30F
水野会長挨拶:
先の理事会でご承認いただき、次年度から日本医師会とも直結するweb会議システムを導入する
ことになりました。災害時にも役立つツールと期待しておりますので、引き続き、情報システム
事業部員の先生方のご協力をお願い致します。
議 題
1.平成30年度日本医師会医療情報システム協議会への参加報告
メインテーマ「明日の医療を彩るICT
開催日 平成3132日(土)、3日(日)
会場  文京シビックホール「大ホール」「スカイホール」
根上常任理事より、「オンライン診療の現状と将来展望」の講演を聴き、診療報酬の点数も
つき将来的にオンライン診療が普及していくという印象を持った旨報告された。
川田常任理事より、医療分野でのAI導入による診療支援には目を見張るものがあり、特に
内視鏡現場への応用では、食道がん、胃がんの拾い上げが98%可能というレベルにあり、
診断の補助ツールとして大いに期待できるとの報告がされた。
伊藤部員より「AIIoTで変わる社会と医療」と題して講演された、IoTの先駆けとなる
国産基本ソフト「TRON」を開発した坂村健先生(東洋大学情報連携学部長)の講演を聴き、
世界的にクラウド化が進んでいることが理解できた旨報告された。
武安副会長より、2日目は医師資格証を今後どのように普及させていくかなど、日医の戦略的な
話題が多かった旨報告された。
2.第10回横浜市ICTを活用した地域医療連携ネットワーク研究会への参加報告
平成31314日(木) 横浜市庁舎5階 関係機関執務室
武安副会長、根上常任理事、川田常任理事より、第10回横浜市ICTを活用した地域医療連携
ネットワーク研究会への参加報告があった。武安副会長より、昨年策定された横浜市独自のガイド
ラインは発想の転換が印象的で、今までのように「こうでなければいけない」というガイドライン
ではなく「これをしなければいい」という方向に国も含めて進んでいる旨補足された。
3. 横浜市ICTを活用した地域医療連携ネットワークセミナーへの参加報告
    平成31315日(金) 関内ホール 小ホール
武安副会長、根上常任理事、川田常任理事より、横浜市ICTを活用した地域医療連携ネット
ワークセミナーの参加報告があった。
補足として根上常任理事より、宮城県の地域医療連携システムが成功しているのは、東北大学
病院の電子カルテの情報がオープンでありバックアップシステムの機能もあるためと報告された。
また、済生会横浜市東部病院を中心とした地域ネットワークシステム「サルビアネット」が
運用開始される旨報告された。
(参考)横浜市医療局 ICTを活用した地域医療連携ネットワークガイドライン
http://www.city.yokohama.lg.jp/iryo/ict/guideline/
4.平成30年度 区医師会IT研修経費補助事業の申請状況について
根上常任理事より、今年度はWEB会議システムが新規導入されるため、必要なノートパソコン
WIFI等の機材購入費も補助対象とする旨説明があり、410日までに申請して欲しい旨
依頼された。
※web会議システム用のパソコン購入代等も対象とする旨、221日に各区へ通知済み
5.その他
次回開催予定
  令和元528日(火)午後730分~   会場:横浜市医師会大会議室
令和元年7月以降における情報システム事業部会の定例開催月
 年4回(7月、11月、1月、4月)開催

2019年4月15日月曜日

第4回 肝・消化器疾患対策委員会 資料 2019.04.23

(資料1
平成30年度事業報告 肝・消化器疾患対策委員会
1)第32回日本臨床内科医学会
平成30916日(日)11001150 パシフィコ横浜会議センター502
特別講演 座長 岡 正直、永井一毅
C型肝炎からNASHへ」
横浜市立大学医学部 肝胆膵消化器病学教室 斉藤 聡 先生
2)肝臓病を考える病診連携の会~肝がん撲滅を目指して~
28回 平成30616日(土)16001800
会場 ヴェルク横須賀
担当 第3地区 池田隆明 先生  共催 EAファーマ
【一般演題】 座長 池田隆明 先生
「消化器内科以外の科におけるHBs抗原陽性判明者に対する診療実態調査」 
横須賀市立うわまち病院消化器内科部長 池田隆明 先生
「在宅看取り症例における消化器癌の実態について」 
小磯診療所院長 磯崎哲男 先生
【特別講演】 座長 池田隆明 先生
「肝発がんに関与する代謝性肝疾患としての脂肪肝
 ~非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を中心に~」
     横浜市立大学附属病院 肝胆膵消化器病学教室 今城健人 先生
3)第1回「知の羅針盤」講演会
テーマ「180分でわかる、肝疾患の現状と課題、そして対処法」
平成31323日(土)15001800
会場 関内新井ホール
座長 岡 正直(講演1,2
講演1「消化器領域の治療に関わる保険の知識」永井一毅
講演2「生活習慣と肝機能障害:こんな肝障害に注意」永井一毅
座長 永井一毅(講演3,4
講演3「産業領域における健康管理の問題点:肝機能障害への対応は十分か?」
OHサポート 今井鉄平先生
講演4「神奈川県での地域連携と肝疾患患者の抽出について」
横浜市立大学 斉藤聡先生
座長 斉藤聡先生(講演5
講演5「トランプ時代のMBANAFLD/NASH診療2020
~ガイドラインからパイプラインまで~」
愛知医科大学 角田圭雄先生

4)ウイルス肝炎患者掘り起こし事業
横浜内科学会肝疾患管理病診連携ガイド(永井一毅先生主導)の普及をはかった。
5)肝炎対策委員会編集による肝疾患についての書籍の出版
神奈川県内科医学会創立50周年記念企画
「これだけは知っておきたい肝臓病の知識」を平成30831日出版した。

令和元年度事業計画 肝・消化器疾患対策委員会
1)肝臓病を考える病診連携の会~肝がん撲滅を目指して~
 第29回 201968日(土)
会場 平塚プレジール
担当 第4地区 髙山秀明 先生、 共催 MSD
 第30回 2019112日(土)
会場 未定
担当 第5地区 中野史郎 先生、 共催 大日本住友
2)肝疾患抽出事業
  横浜内科学会肝疾患抽出事業の対象を職域に広げながら推進する
3)神奈川県内科医学会創立50周年記念書籍の販売
  20188月に発刊した「これだけは知っておきたい肝臓病の知識」の販売を進める
4)消化管分野の会員の増員を図るとともに、消化管分野の勉強会を企画する

資料2 資料3 資料4 資料5 資料6

第4回 肝・消化器疾患対策委員会 2019.04.23

神奈川県内科医学会 第4回 肝・消化器疾患対策委員会
日時 平成31423日(火)1930~ 会場 神奈川県総合医療会館
1.開会
2.挨拶
3.議題
1平成30年度事業報告と令和元年度事業計画(資料1

2)第1回「知の羅針盤」講演会(資料2
平成31323日(土)15001800 関内新井ホール

3)在宅医療委員会との講演会共同開催について
在宅医療委員会より「消化器癌末期患者の在宅医療」についての講演を共同開催依頼あり

4)肝臓病を考える病診連携の会~肝がん撲滅を目指して~
4-1)第29回 令和元年68日(土)平塚プレジール
担当 第4地区 髙山秀明先生、 共催 MSD製薬(第29回担当後脱退予定)
4-2)第30回 令和元年11月頃
担当 第5地区 中野史郎先生、 共催 大日本住友製薬(第30回担当後脱退予定)
4-3)今後の会の運営について
31回以降 共催メーカーはEAファーマのみとなるが…
4-4)世話人の増員について(資料3

5)創立50周年記念出版「これだけは知っておきたい肝臓病の知識」の販売(資料4

6)小冊子「これだけは知っておきたいC型肝炎・B型肝炎の知識」について(資料5)

7)横浜内科学会肝疾患抽出事業の進捗状況について

8)消化管分野の委員の増員と消化管分野の勉強会の企画について(資料6
粉川クリニック 院長 粉川敦史 先生
独立行政法人国立病院機構横浜医療センター 消化器内科医長 山田英司 先生

9)その他

4.次回開催 令和元年   月   日 (火)1930
参考: 2回 平成30年 424日(火)1930
3回 平成301120日(火)1930

2019年4月12日金曜日

神奈川県内科医学会 第14回 総務企画部会 議事録 2019.04.08

神奈川県内科医学会 第14回 総務企画部会 議事録
平成3148日(月)午後745分~ 神奈川県総合医療会館1階会議室B
1開会
2挨拶
今期も終わりが迫ってきた、来期に向けて的確に議事を遂行し、当会の発展のために
ご尽力をお願いしたい。(宮川会長)
3議題
1)第20回幹事会(4/18)の司会・書記について
司会 濱田先生、 書記 木村先生
2)第20回幹事会(4/18)の議事について
議事の内容と進行について検討を行った。
令和元年度評議員会、定時総会、定時総会時学術講演会の役割者を決定した。
3)学術活動について
3-1)第81回集談会(3/2)の優秀演題の選定
グループA(横浜内科学会)より
「パーキンソン病の認知機能障害と血中ホモシステインとの関連」
 横浜神経内科・内科クリニック 山田人志 先生
グループB(第25地区)より
75歳以上高齢糖尿病患者の運動習慣と握力変化との関連性」
 かなもり内科・相模原市内科医会 金森 晃 先生
次回第82回集談会(川崎市内科医会担当)は
令和237日(土)川崎市医師会館にて開催予定
3-2)定時総会時学術講演会
令和元518()神奈川県総合医療会館大講堂にて
講演1「インターネットやマスコミの情報に惑わされる患者さんにどう対処するか?」
メディカルコミュニケーション委員会 委員長 松澤陽子 先生
講演2「渋滞学」
東京大学先端科学技術研究センター数理創発システム分野 西成活裕(かつひろ)教授
終了後の情報交換会は横浜伊勢佐木町ワシントンホテル2F「アクアマリン」を予定
(自動車利用の方はホテル提携の【タイムズステーション横浜関内】を利用してください)
3-3)第43回臨床医学研修講座の予定
令和元921日(土)小田急センチュリーホテル相模大野 担当 北里大学と第5地区
3-4)令和2年新春学術講演会の企画
令和2116()、会場は横浜ベイシェラトンH&T
担当 認知症対策委員会と在宅医療委員会、 共催 第一三共製薬
在宅医療委員会の講演は横須賀市医師会の千場純先生に講師を依頼済み。
4)会則改正について
 「神奈川県内科医学会基金運用規定」を新たに会則に追加するにあたり、井野元財務部会長より
説明があった。定時総会に諮る予定である。
 自主研究が適切に行われているかを把握する必要があるため、研究結果報告あるいは中間報告を
年度ごとに神奈川県内科医学会において発表することを義務付けることが必要と思われる。
(申請書に文言を追加)
 また、神奈川県内科医学会「令和元年度事業計画(案)」に「19.講演会・自主研究の援助」を
追加する。
5)その他
宮島情報広報部会長より)
 神奈川県内科医学会で行われた、多くの講演会の内容がやりっ放しで記録として残されていない
のはもったいないのではないだろうか。可能な限り演者に抄録・要旨を提出していただいて、
講演会に参加できなかった会員にも、活動内容を広報できるような体制作りをして欲しい。
(小林一雄副部会長より)
 自主研究のプロトコルについても、ホームページ上に公開して、だれでも参照できる形に
していくことが必要ではないかと考える。

4次回開催について
令和元年610日(月)午後745分~ 神奈川県総合医療会館1階会議室B