2018年8月10日金曜日

神奈川県内科医学会 肝・消化器疾患対策委員会のあゆみ

K2「神奈川県内科医学会 肝・消化器疾患対策委員会のあゆみ」
 神奈川県内科医学会 肝・消化器疾患対策委員会 委員長 岡 正直

【はじめに】
 今世紀に入り、我が国の多くのC型慢性肝炎・肝硬変患者が発がんの時期に達し、年間約3万人が肝がんにより死亡する状況であった。臨床の現場において慢性肝炎と肝硬変・肝がんの知識を啓発し病診連携を進めるため当委員会は平成14年(2002年)に「神奈川肝炎対策委員会」として発足した。当初その活動の中核は、神奈川県立がんセンター顧問 多羅尾和郎と神奈川県内科医学会会長 中山脩郎の主導で平成16年(2004年)に始まった「肝がん撲滅を目指す病診連携の会」(のちに「肝臓病を考える病診連携の会」と改名)のサポートを行うことであった。平成21年(2009年)に多羅尾が委員長就任後に活動の幅が広がり、肝炎対策特別講演会の開催、市民公開講座の共催、小冊子「これだけは知っておきたいC型・B型肝炎の知識」の定期発行やウイルス肝炎患者掘り起こし事業まで活動の幅が広がってきている。平成30年(2018年)より、肝疾患のみならず、消化器疾患全般に対策を広げるため、委員会名称を「肝・消化器疾患対策委員会」と改めている。
平成14年(2002年)~平成20年(2008年) 委員長 岡 正直
平成21年(2009年)~平成22年(2010年) 委員長 多羅尾和郎
平成23年(2011年)~平成25年(2013年) 委員長 宮本 京
平成26年(2014年)~          委員長 岡 正直
 現在までの、主たる活動の3つ「肝臓病を考える病診連携の会」と「小冊子《これだけは知っておきたいC型肝炎・B型肝炎の知識》の刊行」と「横浜内科学会肝疾患抽出事業」について章を分けて紹介したい。

【肝臓病を考える病診連携の会】
 神奈川県の5つの地区(横浜、川崎、横須賀、平塚、相模原)を順番に回りながら、原則年2回(初夏と秋)開催している。

《平成16年(2004年)~平成23年(2011年)代表世話人 中山脩郎、多羅尾和郎》
・第1回「肝がん撲滅を目指す病診連携の会」(図1)
 平成16年(2004年)6月26日(土)新横浜グレイスホテル
 特別講演「肝がん撲滅を目指した慢性肝炎・肝硬変の最新の治療 インターフェロン無効例を中心に」神奈川県立がんセンター所長 多羅尾和郎
・第2回 平成16年(2004年)11月20日(土)ホテル ザ・エルシー
 特別講演「遺伝子情報に基づく肝細胞癌へのアプローチ」聖マリアンナ医科大学教授 伊東文生
・第3回 平成17年(2005年)6月18日(土)横須賀プリンスホテル
 特別講演「肝癌の現状と最新の集学的医療」大船中央病院消化器肝臓病センター 高塚健太郎
・第4回 平成17年(2005年)11月19日(土)平塚駅ビル「LUSCAホール」
 特別講演「肝癌撲滅の為の治療戦略」東海大学医学部消化器内科教授 峯 徹哉
・第5回 平成18年(2006年)6月17日(土)相模原南メディカルセンター大会議室
 特別講演1「北里大学病院・東病院における肝癌治療と病診連携の状況」北里大学医学部消化器内科講師 渋谷明隆
 特別講演2「肝細胞癌に対する肝切除の治療成績」相模原協同病院消化器外科副院長 高野靖悟
・第6回 平成19年(2007年)6月16日(土)崎陽軒本店
 特別講演1「C型肝硬変の肝発がんにおける持続炎症の役割」神奈川県立がんセンター元所長 多羅尾和郎
 特別講演2「肝細胞癌に対する内科的治療と将来の展望」横浜市立大学附属市民総合医療センター院長 田中克明
・第7回 平成19年(2007年)12月1日(土)川崎市立多摩病院
 特別講演1「肝癌に対する外科治療」聖マリアンナ医科大学消化器一般外科教授 大坪毅人
 特別講演2「肝癌診療の現状」川崎市立多摩病院副院長 鈴木通博
・第8回 平成20年(2008年)6月28日(土)セントラルホテル(横須賀)
 パネルディスカッション「病診連携による肝炎・肝がん治療の実態」
 横須賀共済病院 池田隆明、小磯診療所 磯崎哲男、大船中央病院 高塚健太郎、済生会横浜市東部病院 山室 渡
・第9回 平成20年(2008年)10月25日(土)平塚プレジール
 特別講演「肝がんはどのように育つのか。またその撲滅のためにはどのような工夫があるのか」東海大学医学部消化器内科教授 峯 徹哉
・第10回 平成21年(2009年)6月6日(土)相模原南メディカルセンター
 講演1「相模原市の診療所における慢性肝疾患治療の現状と肝細胞癌に対する病診連携ガイドラインの提案」あさば内科・消化器科クリニック院長 浅葉宣之
 講演2「肝癌検索のための腹部CTで骨盤内腫瘍が指摘された症例」北里大学医学部放射線科学 松永敬二
 講演3「若年性肝細胞癌症例」北里大学外科講師 古田一徳
 講演4「HBs抗原消失後に肝細胞癌が発症したB型肝硬変の1例」国立病院機構相模原病院消化器科医長 中村陽子
 講演5「C型肝炎ウイルス患者の治療」相模原協同病院病院長 高野靖悟
・第11回「肝臓病を考える病診連携の会」(会の名称変更)(図2)
 平成21年(2009年)11月28日(土)TKPコンカード横浜ビジネスセンター
 特別講演「肝硬変・肝癌に進行する脂肪肝:NASH」東京女子医科大学消化器内科教授 橋本悦子
・第12回 平成22年(2010年)6月12日(土)ホテル精養軒
 特別講演「肝癌診断および治療法の現状」川崎市立多摩病院副院長 鈴木通博
・第13回 平成22年(2010年)11月27日(土)セントラルホテル(横須賀)
 特別講演「B型慢性肝炎 どのような症例をどのように治療すべきか」武蔵野赤十字病院消化器科部長 黒崎雅之
・第14回 平成23年(2011年)5月21日(土)平塚プレジール
 特別講演「C型慢性肝炎治療のup to date」東海大学医学部消化器内科学教授 峯 徹哉
・第15回 平成23年(2011年)11月26日(土)相模原市南メディカルセンター
 特別講演「肝細胞がん治療 局所治療から分子標的薬治療まで」北里大学医学部消化器内科学 中澤貴秀

《平成24年(2012年)~ 代表世話人 宮本 京、岡 正直》
・第16回 平成24年(2012年)6月16日(土)TKPガーデンシティ横浜
 特別講演「肝臓病のプライマリケアと病診連携 肝機能検査を中心に」済生会神奈川県病院消化器内科 副院長 山室 渡
・第17回 平成24年(2012年)12月8日(土)ホテルKSP(川崎市)
 特別講演「B型肝炎 一般医家が知っておきたい最近の話題」東京大学大学院医学系研究科 生体防御感染症学講座准教授 四柳 宏
・第18回 平成25年(2013年)6月29日(土)セントラルホテル(横須賀)
 特別講演「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)のすべらない話」京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学講師 角田圭雄
・第19回 平成25年(2013年)11月16日(土)平塚プレジール
 特別講演「B型慢性肝炎・C型慢性肝炎に対する最新治療」東海大学医学部消化器内科学教授 峯 徹哉
・第20回 平成26年(2014年)6月7日(土)相模原南メディカルセンター
 特別講演「新しい肝臓病の治療薬に関して インターフェロンなしのC型肝炎治療も含めて」北里大学東病院消化器内科 日高 央
・第21回 平成26年(2014年)10月18日(土)新横浜プリンスホテル
 特別講演「新しい時代を迎えたC型慢性肝炎治療」京都府立医科大学消化器内科学教授 伊藤義人
・第22回 平成27年(2015年)6月27日(土)川崎市中原休日救急診療所会議室
 特別講演「C型肝炎治療の現状 IFN freeの時代の到来」川崎市立多摩病院院長 鈴木通博
・第23回 平成27年(2015年)10月24日(土)セントラルホテル(横須賀)
 特別講演「multi-DAA時代のC型肝炎治療:現況と新たな課題」北海道大学大学院医学研究科 内科学講座消化器内科学分野教授 坂本直哉
・第24回 平成28年(2016年)6月11日(土)平塚プレジール
 特別講演「C型慢性肝炎の過去から未来」東海大学医学部内科学系消化器内科学准教授 肝疾患医療センター長 加川建弘
・第25回 平成28年(2016年)11月19日(土)相模原南メディカルセンター
 特別講演「HCV根絶へのカウントダウン」北里大学医学部消化器内科学助教 魚嶋晴紀
・第26回 平成29年(2017年)6月17日(土)TKPガーデンシティ横浜
 特別講演「新時代を迎えたC型肝炎のDAA治療 新たな感染者の掘り起こし」埼玉医科大学病院消化器内科・肝臓内科教授 持田 智
・第27回 平成29年(2017年)11月11日(土)川崎市医師会館
 特別講演「C型肝癌撲滅のための現状と課題」聖マリアンナ医科大学消化器・肝臓内科准教授 松本伸行
・第28回 平成30年(2018年)6月16日(土)ヴェルク横須賀(図3)
 特別講演「肝発がんに関与する代謝性肝疾患としての脂肪肝 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を中心に」横浜市立大学附属病院肝胆膵消化器病学教室 今城健人


【小冊子《これだけは知っておきたいC型肝炎・B型肝炎の知識》の刊行】
 急速に進歩する肝炎治療の新情報をすばやく、わかりやすく、より多くの治療者に周知するために、委員によって分担執筆された小冊子である。実際の診療に役立つ内容とするため、医学的な内容に加えて、保険請求上の注意点や肝炎治療の医療費助成制度などの情報も載せるなど、特徴ある冊子となっている。
1)平成21年(2009年) 初版  17ページ(図4)
2)平成23年(2011年) 改訂版 19ページ(図5)
3)平成25年(2013年) 改訂版 35ページ(図6)
4)平成27年(2015年) 改訂版 48ページ(図7)
 平成29年(2017年)に神奈川県内科医学会の創立50周年の節目を迎えるにあたり、記念事業の一環として、当委員会の委員の分担執筆による、C型肝炎・B型肝炎のみならず肝疾患全般をカヴァーする内容の書籍「これだけは知っておきたい肝臓病の知識」の出版を企画した。(図8)


【横浜内科学会肝疾患抽出事業】(図9、10)
 肝機能障害の原因は、ウイルス性肝炎や脂肪肝、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎、薬物性肝障害、自己免疫性肝炎や原発性胆汁性胆管炎など様々であるが、自覚症状が乏しいため適切な時期に治療を受ける機会を逃してしまい、肝硬変や肝がんに進展してしまう恐れがある。ましてや日頃何らかの疾患で医療機関に通院している患者で、そのような事態が生じれば、最悪の場合訴訟問題に発展するかもしれない。そこで、かかりつけ医で肝機能障害を認めた場合、初期の段階でどのように対応するかが重要であるが、肝機能異常の原因検索は複雑で、また保険診療上の制限もあり、診断に難渋することが少なくない。
 このような問題に対応すべく、肝臓の非専門家にとっても扱いやすい、できる限り簡便な「肝疾患抽出簡易検査シート」を横浜内科学会で作成し、非肝臓専門医あるいは職域において、気づかれないまま放置されている肝疾患患者を発見し治療に導くために「肝疾患抽出プロジェクト」として横浜地域を中心に活動を広げている。その活動の詳細については、ポスター発表K3「横浜内科学会肝疾患抽出事業について」を是非ともご覧いただきたい。

【神奈川県内科医学会 肝・消化器疾患対策委員】
委員長  岡 正直
副委員長 峯 徹哉、永井一毅
委員   宮本 京、多羅尾和郎、藤井隆人、小林明文、池田隆明、
     髙山秀明、中野史郎、 斎藤 聡、日高 央、松本伸行

図1
図2

 図3
 図4
 図5
 図6
 図7
 図8
 図9
図10

2018年7月20日金曜日

神奈川県内科医学会 第7回総務企画部会議事録 2018.07.09

神奈川県内科医学会 第7回総務企画部会議事録
平成3079日(月)午後745分~ 神奈川県総合医療会館1階会議室B
1.開会
2.挨拶 日臨学会も間近となりました。種々の案件につきよろしくご検討を。(宮川会長)
3.議題
1)第12回幹事会(7/19)の司会・書記について
司会 長谷先生、 書記 前川先生
2)第12回幹事会(7/19)の議事について
議事と進行について検討した
確認事項②第32回日本臨床内科医学会
市民公開講座の案内を全会員に配布するため、印刷を7月末までに間に合わせるように
市民公開講座を新聞社に取材してもらえるように働きかける
協議事項②神奈川県医師会学術功労者表彰候補者の推薦について
大学と医師会の距離を縮め、多くの大学の先生に医師会に参加してもらうためには、
選考基準の除外規定の(1)「大学に勤務している者および学位取得のため大学に在籍し、
研究中の者、若しくはその時の論文を公表している者」及び(4)「本会会員歴が10年に
満たない者」について、条件を緩和することが望ましいのではないか。
協議事項③創立50周年記念誌の送付先について
原則、会費を納入している会員1口に対して1冊お送りする(大学会員、協賛会員なども)
神奈川県医師会各科医会の会長、日本医師会事務局、製薬協、ゴールデンチャイルド
日臨内代議員には、人数が多いのでCD-ROM版にするか
承認事項①共催・後援
104日「認知症を考える神奈川の会」追加
報告事項
「慢性腎臓病におけるSGLT2阻害薬の長期投与の影響についての後ろ向き研究」への協力
学術委員会への新委員の推薦について

3)学術活動について
(-1)メディカルトリビューン 皮膚疾患エキスパートセミナー(資料A
平成30721日(土)1500~ 関内新井ホールにて
開会挨拶 宮川政昭 会長
講演1  座長 木村耕三
「患者満足度を高める皮脂欠乏症の治療戦略」
東京女子医科大学皮膚科学教室准教授 常深祐一郎 先生
講演2  座長 岡 正直
「帯状疱疹・単純疱疹の治療戦略」 
聖隷三方原病院院長補佐兼皮膚科部長 白濱茂穂 先生
閉会挨拶 小野 容明 副会長
 
(-2)臨床医学研修講座の予定
平成 30 年の臨床医学研修講座は9月の日本臨床内科医学会に統合するためなし。
平成31 年(201943 回臨床医学研修講座は北里大学と第 5 地区担当

(-3)平成 31 年新春学術講演会の進捗
平成 31 1 17 日(木)19:00~横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 5F「日輪」
担当 心臓血管病対策委員会と禁煙推進委員会      共催メーカー大塚製薬
開会挨拶 宮川政昭 会長
講演1 座長 禁煙推進委員会 山田峰彦 委員
「内科医が知るべき禁煙医療」
禁煙推進委員会 長谷 章 委員長
講演2 座長 心臓血管病対策委員会 國島友之 委員長
「最新の心不全治療」
日本医科大学武蔵小杉病院 内科・循環器内科 佐藤直樹 教授
閉会挨拶      副会長
(-4)81 回集談会の予定
平成 31 2月に第 81 回集談会を第 1 地区で開催予定。

(-5)平成 31年(2019年)5月18日(土)定時総会時学術講演会の企画
共催メーカーを探し、ホテル会場を仮予約する
講演テーマ案1
「渋滞学」東京大学 西成活裕(にしなりかつひろ)教授(長谷川修先生提案)
さまざまな社会現象のスムーズな進行を妨げているボトルネックはなぜ生じるのか?
そのボトルネックを解消するためにはどうすればよいのか?
たとえば診察の待ち時間解消などに応用できるのではないか。
講演テーマ案2
メディカルコミュニケーション委員会よりの講演(國島先生提案)できればメーカー共催で
4)その他

.次回開催について
平成3010月1日(月)午後7時45分~ 神奈川県総合医療会館1階会議室B

(資料A


参考】本体事業講演会一覧表 最近13年間+3年先 ( )内は地区



新春学術講演

集談会開催地
総会時学術講演会
臨床医学研修講座
秋季
2021

(3)

横市(1)
なし
2020

2

東海(4
なし
2019
心臓血管病対策
禁煙推進
ベイシェラトンH&T
117
1
渋滞学?
ホテル会場?
5月18日
北里(5
なし
2018/H30
高血圧・腎疾患
糖尿病対策
1/18
なし
日臨学会に統合
会議のみ
神奈川県総合医療会館 
5/26
なし
4大学合同開催で日臨学会に統合)
32回日本臨床内科医学会
パシフィコ横浜
/1617
2017/H29
医薬品評価検討
肝炎対策1/19
海老名(52/18
CKDに克つための血圧管理とは・田村功一 
環境(公害)と医学~医師の観察の重要性~・葛原茂樹
 ベイシェラトンH&T 5/20
聖マリ(29/2
なし
2016/H28
禁煙・分煙推進
呼吸器疾患対策
小田原(4
高齢認知症とうつ病・中村祐     地域の医療提供体制・高橋泰    ベイシェラトンH&T 5/21
横市(110/15
市大センター病院
なし
2015/H27
糖尿病対策
横須賀(3
医学史・酒井シヅ
東海(410/31
なし
2014/H26
高血圧・腎疾患
川崎(2
遺伝子・和泉俊一郎
北里(5) 11/1
なし
2013/H25
肝炎対策
横浜(1
iPS細胞・中畑龍俊
聖マリ(2) 9/21
なし
2012/H24
呼吸器疾患対策
厚木(5
医事紛争・平沼高昭
横市(110/20
川崎(2
2011/H23
糖尿病
厚木(4
腎不全・木村健二郎
東海(4) 9/10
横須賀(3
2010/H22
糖尿病
湘南国際村(3
糖尿病・山田祐一郎
北里(5) 9/18
藤沢(4
2009/H21
糖尿・腎臓
川崎(2
医療行政・行天良雄
聖マリ(2) 9/27
横浜(1
2008/H20
亜鉛
横浜(1
糖尿脂質・肝炎
横市(1) 9/28
横浜(1
2007/H19
胃と大腸
大和(5
医療行政・眼科・メタボ
東海(4) 9/30
横浜(1
2006/H18




糖尿病・医学教育
北里(5) 10/1
横浜(1


2018年6月25日月曜日

第5回情報システム事業部会 2018.05.29


5回情報システム事業部会
平成30529()午後730分 横浜市医師会大会議室

    ○会長あいさつ
    ○川田常任理事より就任挨拶
議 題
1.神奈川県医師会医療情報システム検討委員会(WEB会議)について(資料1

2.情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドラインについて(資料 2

3.「オンライン診療の適切な実施に関する指針」策定について(資料 3

4.医師資格証のご利用シーンについて(資料4
文書交換サービス MEDPost(メドポスト)について

5.日本医師会 石川広己常任理事を招聘しての勉強会開催について(資料5
  テーマ:日医IT化宣言2016の実現に向けて-日医の医療IT戦略

6. その他
 配布資料 「会員のための日医ITフェア」について(資料6

  次回開催予定
   平成30724日(火)午後730分~   会場:横浜市医師会大会議室


【資料1神奈川県医師会 第2回医療情報システム検討委員会 (WEB会議)
日 時 平成30年5月15日(火)午後2時   場 所 神奈川県総合医療会館 4階第1会議室
郡市医師会、所属医療機関
議 題
1 医師資格証発行状況(平成 30 3 31 日時点)
2 医師資格証の提示による医師の資格確認
3 医師資格証パンフレット
4 情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン
5 オンライン診療の適切な実施に関する指針の策定について
6 「文書交換サービス(MEDPost)」
7 平成29年度日本医師会医療情報システム協議会(2/34)報告
8 その他


【資料2情報通信技術を利用した事業場外勤務の 適切な導入及び実施のためのガイドライン


資料3オンライン診療の実施に当たっての基本理念
オンライン診療は、 ①患者の日常生活の情報も得ることにより、医療の質のさらなる向上に結び付けていく こと ②医療を必要とする患者に対して、医療に対するアクセシビリティ(アクセスの容易性)を 確保し、よりよい医療を得られる機会を増やすこと ③患者が治療に能動的に参画することにより、治療の効果を最大化すること を目的として行われるべきものである。 こうした基本理念は、医療法第1条の「医療を受ける者の利益の保護及び良質かつ 適切な医療を効率的に提供する体制の確保を図り、もつて国民の健康の保持に寄与す ること」に資するものである。 医師及び患者は、以上を念頭に置いたうえで、オンライン診療を行うべきである。特に、 医師については、以下に示す基本理念に従ってオンライン診療を提供すべきである。

医師-患者関係と守秘義務 医師-患者間の関係において、診療に当たり、医師が患者から必要な情報の提 供を求めたり、患者が医師の治療方針へ合意したりする際には、相互の信頼が必 要となる。 このため、日頃より直接の対面診療を重ねている等、オンライン診療は医師と 患者に直接的な関係が既に存在する場合に限って利用されることが基本であり、 原則として初診は対面診療で行い、その後も同一の医師による対面診療を適切に 組み合わせて行うことが求められる。
医師の責任 オンライン診療により医師が行う診療行為の責任については、原則として当該 医師が責任を負う。 このため、医師はオンライン診療で十分な情報を得られているか、その情報で 適切な診断ができるか等について、慎重に判断し、オンライン診療による診療が 適切でない場合には、速やかにオンライン診療を中断し、対面による診療に切り 替えることが求められる。 また、医師は患者の医療情報が漏洩することや改ざんされることのないよう、 情報通信及び患者の医療情報の保管について、十分な情報セキュリティ対策が講 じられていることを確認しなければならない。
医療の質の確認及び患者安全の確保 オンライン診療により行われる診療行為が安全で最善のものとなるよう、医師 は自らが行った診療について、治療成績等の有効性の評価を定期的に行わなけれ ばならない。 また、患者の急変などの緊急時等で、オンライン診療の実施が適切でない状況 になった場合においても、患者の安全が確保されるよう、医師は、必要な体制を 確保しなければならない。
オンライン診療の限界などの正確な情報の提供 オンライン診療においては、対面診療に比べて得られる患者の心身の状態に関 する情報が限定される。医師は、こうしたオンライン診療による診療行為の限界 等を正しく理解した上で、患者及びその家族等に対して、オンライン診療の利点 やこれにより生ずるおそれのある不利益等について、事前に説明を行わなければ ならない。
安全性や有効性のエビデンスに基づいた医療 適切なオンライン診療の普及のためには、その医療上の安全性・必要性・有効 性が担保される必要があり、医師は安全性や有効性についてのエビデンスに基づ いた医療を行うことが求められる。 また、オンライン診療は、対面診察に比べて、得られる情報が少なくなってし まうことから、治験や臨床試験等を経ていない安全性の確立されていない医療を 提供するべきではない。
患者の求めに基づく提供の徹底 オンライン診療は、患者がその利点及び生ずるおそれのある不利益等について 理解した上で、患者がその実施を求める場合に実施されるべきものであり、研究 を主目的としたり医師側の都合のみで行ったりしてはならない。

【資料4医師資格証のご利用シーンについて





【資料5日医IT化宣言2016の実現に向けて-日医の医療IT戦略
日医IT化宣言2016実現に向けた取り組み~日医の医療IT戦略」 日本医師会常任理事  石川 広己
 日本医師会は、20166月、医療分野のIT化における今後の取り組みの指針である「日 医IT化宣言2016」を策定した。その中では、安全なネットワークの構築、並びに地域医療 連携・多職種連携をITで支えることが謳われており、医療等IDの創設を含め医療機関が安心・安全・安価に地域医療連携に活用できる医療等分野専用ネットワークの構築を目指している。この医療等分野専用ネットワークの実現に向けて、運営主体(医療等分野専用ネット ワーク推進機構(仮))の検討を行っている。 また、2017 5 月に成立した「次世代医療基盤法」に基づく医療等情報の収集に関して は、日本医師会は日本医師ORCA 管理機構とともに国立研究開発法人日本医療研究開発 機構(AMED)の研究開発事業に参画し、今年の春の法律施行に向け様々な角度から検討を進めている。

【資料6】「会員のための日医ITフェア」