2015年8月1日土曜日

第1回 情報システム事業部会 2015.07.28

第1回 情報システム事業部会

日 時:平成27728()午後7時30分 会 場:横浜市医師会会議室       

〇担当役員挨拶(恵比寿 亨 常任理事、 根上 茂治 常任理事)続いて部員自己紹介。

議 題
1.平成27年度事業計画について(資料1)
2.情報システム部会が企画する勉強会について
  http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/761284.pdf
参考※
  「医療情報システムを安全に管理するためのしおり」2012年 日本医師会医療IT委員会
  http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20100224_6shiori.pdf
3.前回部会における質問事項への回答について
 Q.呼び出し君への回答データを各区へフィードバックしてほしい。(資料2
 Q.横浜市医師会が各区のデータを一元管理して、受け入れ可能な在宅医を探せるデータベースを立ち上げてもらえな いか。
4.その他
  次回開催日について(定例日が祝日のため)平成27年9月15日(火)午後7時30分~

(資料1)
平成27年度
平成26年度
1 会員へのインターネット普及・啓発並びに文書等の電子配信の推進
2 ウェブサイトの運用・管理の充実
3 会員向けの情報提供・共有・交換等のサービスの充実
4 診療に係る媒体の電子化対応と推進
5 医師会業務のシステム化の推進
6 日医・県医・他都市医師会並びに区医師会との連携の推進
7 災害時における通信手段の検討
1会員へのインターネット普及・啓発並びに文書等の電子配信の推進
2 ウェブサイトの運用・管理の充実
3 会員向けの情報提供・共有・交換等のサービスの充実
4 診療に係る媒体の電子化対応と推進
5 医師会業務のシステム化の推進
6 日医・県医・他都市医師会並びに区医師会との連携の推進
7 災害時における通信手段の検討
8 テレビ会議導入の検討
(参考)









(資料2










神奈川県内科医学会 第2回肝炎対策委員会 2015.08.05

神奈川県内科医学会 第2回肝炎対策委員会

日時 平成2785()1930 
場所 神奈川県総合医療会館

・開会
・挨拶 
・議題
(1)神奈川県内科医学会・横浜内科学会 第1回MR研修会の準備(永井一毅先生)
平成27830日(日)10001600 県総合医療会館7階講堂
地域医療において最低限知っておくべき知識を網羅できるカリキュラム


(2)肝炎対策特別講演会
平成27101日(19:3020:30  共催 ギリアドサイエンシズ株式会社
神奈川県総合医療会館にて (弁当あり)
開会 宮川政昭会長
特別講演 座長 多羅尾和郎先生
  (仮)C型肝炎の最新治療」  武蔵野赤十字病院 黒崎雅之先生
閉会 岡 正直


(3)肝臓病を考える病診連携の会~肝がん撲滅を目指して~
22回 平成27627日(土)1700~ 
川崎市中原休日救急診療所会議室
  担当 第2地区 小林内科医院 小林明文 先生 共催:田辺三菱製薬
  一般演題
  1.「最近経験した成因不明の急性肝炎重症型の検討」
   昭和大学藤が丘病院 消化器内科 吉田詠里加 先生
  2.B型肝炎の最近の話題」
   聖マリアンナ医科大学 消化器・肝臓病内科 池田裕喜 先生
  特別講演
  C型慢性肝炎の現状~IFN freeの時代の到来~」
  川崎市立多摩病院院長 鈴木通博 先生

23回 平成271024日(土)横須賀セントラルホテル
担当 第3地区 横須賀共済病院 池田隆明 先生 共催:MSD
一般演題 未定
特別講演 「ウイルス性肝炎の話題」 北海道大学坂本直哉教授

24回 平成28611日(土)平塚プレジール
担当 第4地区 高山医院 高山秀明 先生 共催:味の素

25回 平成28年秋 担当 第5地区 ブリストルマイヤーズ

(4)ウイルス肝炎患者掘り起こし事業
  1.横浜内科学会 肝疾患管理病診連携ガイド(永井一毅先生)
   非肝臓病専門医のもとで、気づかれないまま放置されている肝疾患患者の掘り起こし


  2.市民公開講座


(5)小冊子「これだけは知っておきたいC型肝炎・B型肝炎の知識」 平成27年改訂版
平成27627日の「肝臓病を考える病診連携の会」での配布
神内医全会員へ送付


(6)肝炎対策委員会編集による肝疾患についての書籍の企画
神奈川県内科医学会50周年記念企画のひとつとして出版
32回日本臨床内科医学会での配布をめざす
(平成30915日(土)~17日(月祝) パシフィコ横浜にて)
市販が可能な書籍をめざす、内容的にどのような特色を持たせるか


(7)その他

(8)次回開催
平成27年   月   日(  1930 ~

[資料]







[資料] 22回肝臓病を考える病診連携の会 世話人会議事録

日 時:平成27627日(土)16:3017:00  
場 所:中原休日救急診療所研究室 
出席者:代表世話人:宮本 京 先生、岡 正直 先生
世話人: 峯 徹哉 先生、小林 明文 先生、高山 秀明 先生、多羅尾 和郎 先生、       鈴木 通博 先生、中野 史郎 先生(順不同)
共催会社:田辺三菱製薬、MSD、ブリストル・マイヤーズ、味の素製薬
進 行:岡 正直 先生
               (文責)田辺三菱製薬(株)桂 昌秀  
議題1 会計報告
・小林先生により「第21回肝臓病を考える病診連携の会」の会計が報告され承認された。
議題2 今回のプログラムについて
・本日のプログラムについて確認、特別講演演者の紹介を行った。
議題3 会の運営について
・岡先生より、毎回案内が遅くなってしまう傾向があるので、より早い段階で案内するためにも、演者・演題だけでも早めに決定し広報して頂くようお願いがあった。
・小林先生より、新世話人として 昭和大学藤が丘病院 消化器内科 准教授 井上和明先生が推薦され、全員一致で承諾された。尚、与芝真彰先生については東京高輪病院の院長職を退任され、長期間に渡り、当会への参加もされていない事から世話人から外れる事になった。(世話人リスト変更)
・前回(第21回)のアンケート結果を紹介。概ね肯定的であった。希望演題ではNASHがっていた。
・次回(第23回)について、当番世話人は第三地区 横須賀共済病院 池田隆明 先生にお願いする。日程は平成271024()、会場は横須賀セントラルホテルとする。特別講演は北海道大学消化器内科 坂本直哉教授に決定しており、一般演題は2題予定。当番はMSD
・次々回(第24回)について、当番世話人は第四地区 高山医院 高山秀明 先生にお願いする。
日程は平成28611日(土)、会場は平塚プレジールとする。当番は味の素製薬。
議題4 その他
・岡先生より「中山先生よりかねてから、演者候補を弁護士の湯山薫氏とした薬剤肝炎の訴訟に関する講演を取り上げたらどうかとういう提案が出ている。」との案内があった。
・小林先生より「最近は殆ど薬剤による肝炎発症事例はおこっていない。先日1例、予防注射の処理し忘れによる事故があった。」と報告があった。

・宮本先生より、当会の参加者が少ない現状について「共催メーカーの案内だけでは人数に限りがある例えば神奈川県内科医会の会員全員に連絡するなど広報の仕方を考えるべき。」との意見が出た。