2019年9月23日月曜日

神内ニュース82号執筆割当2019.09.19


2019919日(木)幹事会にて変更・決定された内容
神内医ニュース
サブテーマ
82号執筆者
備考
1巻頭言

金森
800字程度
2「人」とトピック

なし
1200字程度
3連載シリーズ
歴史
正山
8001000字前後
入稿された原稿を掲載
感染症
大利
在宅
久保田
4学会の動き
神奈川県内科医学会
國島
字数制限なし
5日常診療に役立つ大学からみた情報


聖マリの幹事
1200字程度
6会員の声


各地区へ
1000字(18地区より投稿された原稿を掲載)
7日臨内の動向


小野
日臨学会(広島)の報告も
800
8


廃止
1200字 保険制度部会
9この一冊


岩澤
1000字 表紙の画像
10事業委員会報告
糖尿病
松葉
800
肝・消化器疾患
認知症
渡部
高血圧・腎疾患
佐藤
呼吸器疾患
西川
心臓血管病
國島
リウマチ・膠原病
山田
禁煙
長谷
医薬品評価
湯浅
在宅
久保田
健康長寿
高見澤
メディカルコミュニケーション
松澤
11会議報告


事務局


12新役員等挨拶


濱田、多羅尾、井野元、
國島、田口、岡、高見澤
1200字以内
新任部会長・委員長
13お知らせ
定時総会
國島
開催日時・場所など告知
臨床医学研修
なし
新春学術
なし
集談会
出川
その他


14祝辞

なし


15総会表彰受賞者の声

なし
400字程度
16広告

事務局


17編集後記

佐久間


18情報広報委員コメント

なし
新任委員より40字程度
校正担当

岩澤、岡


原稿締め切り
20191120日(水)
発行予定日
202011


2019年9月8日日曜日

神奈川県内科医学会 第2回 情報広報部会 2019.09.12


神奈川県内科医学会 第2回 情報広報部会
2019912日(木)1930~ 各医療機関および県総合医療会館(WEB会議)

1.開会
2.挨拶
3.議題
1)神内ニュース82号について(資料1

2)神奈川県内科医学会パンフレットについて(資料2

3)会報、神内ニュースのPDFをウェブサイトに掲載する件について
http://kanagawamed.org/)公開・非公開も含めて

4)部会、委員会のメーリングリストの整備について
総務企画部会メーリングリスト(somkik@kanagawamed.org)をはじめとして

5)その他


4.次回開催について
2020年  月  日 (  )
参考:過去の開催日とテーマ
20181012日(金)神内ニュース80
2019313日(水)神内ニュース81
201974日(木)第1回 会報第42

横浜市港南区医師会報「会員のひろば」


 横浜市医師会報8月号(No.922)の「理事ひとこと」で、港南区医師会における在宅医療とICTについて、池袋会長が寄稿されていますが、現在その中核となっているのが、MCSMedical Care Station)です。詳細はウェブサイト(https://www.medical-care.net/)を参照いただければと思いますが、まずはYouTubeの動画(https://youtu.be/lW7-rQ7pLuI)を見ていただくと分かりやすいかもしれません。運営元の日本エンブレースによる説明を以下に抜粋します。
医療コミュニケーション
MCSは医療や介護におけるコミュニケーションのためのソーシャルシステムです。在宅医療介護だけでなく、外来、入院、病診連携、遠隔診療にいたるまであらゆる医療コミュニケーションに活用することができます。
セキュリティ
MCSは医療ならではのセキュリティを兼ね備えています。厚生労働省および日本医師会より通達されている「医療介護専用のプライベートSNSを活用」という指針に則ってご利用いただけるよう設計された完全非公開型の医療介護専用SNSです。(中略)
医療介護関係者向けに無料で提供
MCSの基本サービスは全て医療介護関係者のみなさんに無料で提供されています。すでに全国200を超える医師会が正式採用し、30,000を超える医療関連施設が参加していますので、県境や市境を越えて多くの仲間とつながることができ、すぐに実践的に使い始めることができます。
APIを提供
MCSは真のプラットフォームであるために、様々な外部システムと連携するためのAPIを公開しています。(中略)電子カルテやレセコンといった医療システムから地域医療ネットワーク基盤システム、最新の遠隔診療サービスまであらゆる外部システムとも連携可能です。
FRAMEWORKを提供
 MCSは単なるチャットシステムではありません。MCSを活用して様々なヘルスケアアプケーションを開発することができます。(中略)
MCS運用ポリシーを提供
MCSはシステムプラットフォームとしてだけでなく、各地域での医療介護連携をスムーズに推進するために厚生労働省の医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第5版に準拠した運営方針を記載した「MCS運用ポリシー」を併せて提供しています。本ガイドラインは医療介護連携だけでなく、これからの地域医療や遠隔医療時代にふさわしいICT活用のあるべき姿を全国医療介護連携ネットワーク研究会の支援のもとまとめたものです。
MCSの勉強会】
 来る118日(金)19:30~港南区医師会館にてMCSの使い方についての勉強会が開催されます。日頃お使いのデバイスをお持ちください。多く皆様のご参加をお待ちしています。