2017年12月3日日曜日

神内ニュース79号 肝炎対策委員会

(1)肝疾患セミナー
 平成29年11月8日(水)崎陽軒本店にて「C型肝炎治療の現状と課題~C型肝炎患者のひろい起こしの重要性~」を横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室准教授 斉藤 聡 先生にご講演いただきました。
(2)肝臓病を考える病診連携の会~肝がん撲滅を目指して~
 第26回を平成29年6月17日(土)TKPガーデンシティ横浜にて開催。一般演題「横浜内科学会肝疾患抽出事業の進捗状況について」を永井一毅副委員長に「社員健診での肝機能障害への対応~産業医の立場から~」をアズビル株式会社統括産業医 今井鉄平先生に、特別講演「新時代を迎えたC型肝炎のDAA治療~新たな感染者の掘り起こし~」を埼玉医科大学病院消化器内科・肝臓内科教授 持田 智先生にご講演いただきました。第27回を11月11日(土)川崎市医師会館にて開催。一般講演「オーバーラップ症候群の治療例」を昭和大学藤が丘病院消化器内科助教 上原なつみ先生に「肝疾患特異的尺度(CLDQ)を用いたDAA治療による健康関連QOLの推移」を聖マリアンナ医科大学消化器・肝臓内科講師 池田裕喜先生に、特別講演「C型肝癌撲滅のための現状と課題」を聖マリアンナ医科大学消化器・肝臓内科准教授 松本伸行先生にご講演いただきました。
(3)横浜内科学会肝疾患抽出事業を永井一毅先生主導により、さらに進めていきます。
(4)神奈川県内科医学会50周年記念企画として「これだけは知っておきたい肝臓病の知識」を市販が可能な書籍として出版予定。第32回日本臨床内科医学会での配布をめざして編集を進めています。
(5)「肝・消化器疾患対策委員会」の創設にあたり、「肝炎対策委員会」を母体として、消化管に興味ある先生のご参加をいただいたうえで、体制が整えば来年度には発足させたいと考えています。 

0 件のコメント: